他家の手の進行状況を読む|実戦 捨て牌読み【No.2】

スポンサーリンク

今回は他家の序盤~中盤の捨て牌を見て、手が早そうかどうかを読む方法についてです。

誰が早そうかをあらかじめ予想できれば、そこに対して安全牌を持つことができます(*´Д`)

ではどのような捨て牌だったら早いと判断するのか?実践譜から見ていきましょう。

関連記事

 

他家の手の進行状況を読む

序盤の切り出しを見たとき、誰が手が早い(テンパイに近い)のか、ある程度予想できます。

ふつうに手を進める場合の切り順は

  1. 字牌(オタ風)
  2. 孤立1・9牌
  3. 字牌(役牌)
  4. 孤立2・8牌
  5.  3~7牌

赤やドラが最後の方に切られる。こんな感じの傾向にあると思います。

 

他家の進行状況の読み方

手が早い他家は、ふつうなら中盤~後半で切られる牌が序盤から出て来る傾向にあります。具体例を見てみましょう。

★東場東家 生牌W東切り

【牌図 1】 東1局 親 4巡目

東1局 4巡目で、親がションパイの東を切ってきました。

親のW東は重なれば攻撃力が大きいので、役牌の中でも最後まで持ちたい牌です。にもかかわらず親がションパイのW東を切ってきたのなら、それなりに整っていると見るべきです。今回のケースでは親はまだ3シャンテンであるものの、強い孤立牌が残っていて、ツモ次第ではそれなりに早いテンパイが入りそうです。

こういった捨て牌をケアして、自分がダメそうな場合は早そうな他家の安全牌を優先して残すようにしましょう。
もう一つ例を見てみましょう。

★序盤 生牌 役牌ドラ切り

【牌図2-1】 南1局 西家 4巡目 ドラ西

西家が自風かつドラの西を切ってきました。これは先ほどのW東同様に警戒するべき状況です。実際に西家の手牌は赤2枚の比較的好形なリャンシャンテンでした。

一方で自分の手は愚形が多いカタチ…こんな時は意識して西家の安全牌を持つようにします。例えば、次巡に一萬や1筒をツモった場合は不要牌であっても温存します。

【牌図2-2】 南1局 西家 5巡目 ドラ西

次巡、西家が2索を切ったところ…これでちょっと安心できます( *´艸`)

 

まとめ

通常テンパイ付近で切られる牌が出てきたら、序盤でも注意です。

この場合も例外はあります。国士狙い時のタンヤオ牌のドラや、チンイツ狙い時の別の色のドラや赤などです。

いずれにしても、こうした他家の捨て牌状況を見て様々な可能性を考慮しておくことが大事です(^^)

今回は以上。次回は、「手出し牌の近くに関連牌アリ!」をお送りします。

 

関連記事

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。