天鳳位は何切る!?【No.3】

スポンサーリンク

天鳳位は何切る!?シリーズ 、今回は三代目天鳳位の独歩さんです。

牌譜は独歩さんが天鳳位になってからの対局から。

ノー和了で、最終順位は4着で終わった半荘です。

点棒がない状況下での打ち方を検討していきたいと思います。

今回は全8問あります。 それでは牌譜を見ていきましょう!  

 

No.3|第1問(全8問)

 2011120822gm-00a9-0000-d9e166ec&tw=0&ts=0(Q0)

トンパツの親番から。6巡目で3シャンテンと少し苦しい形だが、タンヤオ含みで鳴いていけそうな手牌。

安パイ候補となる2枚切れの『南』を持ってきたが、ここでの選択は?

No.3|第1問の答え

2011120822gm-00a9-0000-d9e166ec&tw=0&ts=0(A0)

独歩の選択  7筒 

マツコの選択 一萬

 

考察

6巡目でこの形だと、『南』は安全牌として持っておきたいところ。天鳳位は牌効率の7筒切り。単純牌効率でも『南』切りと同等だ。

私は一萬切りで、6索引きで若干ロスがあるが、カンチャンターツが多く、どうせ鳴いて進めることになりそうなのでコチラを選択した。

しかし、7筒のくっつきを考えると

  • 5筒引きは3,4筒でフォローしている
  • 6筒引きも5筒が二度受けになる。
  • 8筒が二枚切れで、9筒引きも微妙

以上のことから、7筒を残すメリットがあまりないため、正着は7筒になると思う。

次の問題に行きます。

 

No.3|第2問(全8問)

2011120822gm-00a9-0000-d9e166ec&tw=0&ts=2(Q0.5)

タンヤオが見える2シャンテンにカン材の八萬を持ってきたところ。

トップ目である上家が二副露、ツモ切りを繰り返していて少しイヤな感じはするが…

ここでの選択は?





 No.3|第2問の答え

2011120822gm-00a9-0000-d9e166ec&tw=0&ts=2(A0.5)

天鳳位の選択 八萬

マツコの選択 1筒

 

考察

それぞれの選択肢のメリット/デメリットは

  • 打八萬 …七対子、対々和、タンヤオ全てが狙える。少し危険度が高いか?
  • 打1筒 …比較的安全度は高いが、タンヤオ一本に絞られる。カン材を残して高打点が狙える!?

やはり目立つのは上家(南家)の仕掛け。

ほぼ聴牌していると見るべき

それに対して他家は動きもなく、特に危険な牌を押しているわけでもない。上家の打点が見えないことと、自分が二着目であることから、あまり無理をする局面ではないと感じる。

この手で見える役は、七対子、対々和、タンヤオ等だが、マンズの下のカタチ的に、アガれるとするとタンヤオだと思う。マツコ的にはもう行きたくないので回り気味の1筒切ります。

天鳳位は八萬をツモ切り全ての可能性を見る打牌とした。マンズの上はまだ行けそうという判断なのか。(対面の六萬のラグ情報など?)

結果的に天鳳位はこの後、七萬を上家からポンしてタンヤオに進み流局。上家と二人テンパイだった。

次の問題です! 

 

No.3|第3問(全8問)

2011120822gm-00a9-0000-d9e166ec&tw=0&ts=3(Q0.8)

カンチャンの六萬が埋まり1シャンテンになったところ。選択肢としては何種類かあるが、どこに手をかけるべきか?





No.3|第3問の答え

2011120822gm-00a9-0000-d9e166ec&tw=0&ts=3(A0.8)

天鳳位の選択 打6索

マツコの選択 同じ

 

・考察

現在の手は3トイツ形なので、選択肢はどれかのトイツを切ることになりそう。

  • 打1筒 …これを切ると、ほぼ4筒も出ていくことになりそう。ドラ表であることから可能な限り切りたくない牌。打4筒も同じ理由で切りたくない。ラス目の下家に厳しく打つ牌。
  • 打六索 …ソウズが比較的場に安い?横への伸びを見て一枚外すのがベターと判断する。二枚続けて打ってはイケない。
  • 打西 … 現時点では安全度が高いが、後々攻められた時に苦しくなる。

 

自分の手は良くも悪くもない…守りつつ、攻めつつ、オリられるようにするのがベスト、ということで打6索。

次の問題です。

 

No.3|第4問(全8問)

2011120822gm-00a9-0000-d9e166ec&tw=0&ts=3(Q1)

さきほどの問題3の2巡後である10巡目から出題。

ラス目の下家、対面からの2件リーチを受けたところに1枚切っている『中』をひいた。ここでの選択肢は!?






No.3|第4問の答え

2011120822gm-00a9-0000-d9e166ec&tw=0&ts=3(A1)

天鳳位の選択 7筒

マツコの選択 同じ

・考察
一応イーシャンテンではあるが、この状況から攻めることは出来ないと判断する。点棒状況的に親も押してくることはなさそう。

ここは完全安牌しか切らない。選択肢としては五萬、7筒あたり。万が一のテンパイも考慮して面子よりはターツを選択する。

1枚切れの『中』はもちろん切らないが、『西』も単騎には刺さる可能性があるので、完全安牌がなくなるまでは切らない牌。

ここは打7筒とする。

次の問題から南入です。

 

 

No.3|第5問(全8問)

2011120822gm-00a9-0000-d9e166ec&tw=0&ts=5(Q2)

点棒状況はラス目ではあるが、2着、3着はそれほど離れていない状況。マンズ10枚持ちのところに、さらに八萬をひいたところ。
カタチの上ではイーシャンテンだが、ここでの選択は…?






No.3|第5問の答え

2011120822gm-00a9-0000-d9e166ec&tw=0&ts=5(A2)

天鳳位の選択 赤5索

マツコの選択 同じ

・考察
南2局で現在ラス目であることから、なんとかラス回避したいところ。アガリに向かうにはイーシャンテン維持、牌効率重視の打赤5索。対面が通しているので、少なくとも親にロンされることはないので切りやすい。

また、タンヤオに向かったところで順位は変わりそうになく、スピードも落ちるので打九萬は微妙。

打点が欲しいので、清一色は視野に入れたい。

次に行きます。

 

No.3|第6問(全8問)

 

さきほどの問題5の続きから出題です。

トップ目の上家からリーチが入った局面で、完全安牌が無い…一応のイーシャンテンだがココから何を切る!?

2011120822gm-00a9-0000-d9e166ec&tw=0&ts=5(Q3)





No.3|第6問の答え

2011120822gm-00a9-0000-d9e166ec&tw=0&ts=5(A3)

天鳳位の選択 5筒
マツコの選択 九萬

・考察
天鳳位は真っ直ぐの打5筒。
上家のツモ切りリーチをどう見るのがよいのか…

おそらく親の二副露を見てのリーチだと思うが、何とも言えない。天鳳位はリーチ直前に通った2筒や、7筒、7索の手出しの状況から5筒は通りそうと読んだのだろうか…

マツコの選択だが、トップ目のリーチを受けて完全安パイが無い状況だが、ここで放銃するとラスが濃厚になることから押さないと判断。七萬と八萬の二枚づづの壁で九萬切りとする。

また、感覚的には、ツモ切りリーチは愚形であることが多いので、6-9萬のような待ちであるケースは少ないと思う。(実際は6-9筒だったw)

独歩さんは、この後上家から出た一萬をチーして清一色に向かい、ポンテン、チーテンが効くイーシャンテンに受けた。

2011120822gm-00a9-0000-d9e166ec&tw=0&ts=5(Q4)

上家がリーチしているからこその選択でもあると思う。打点は十分、5筒は通っているし、6筒も三枚壁に挟まれているため通りそうだが、結果的に6筒は上家のロン牌だった。

上家の手牌↓

2011120822gm-00a9-0000-d9e166ec&tw=0&ts=5(Q4 つづき アガリ形)

恐ろしや…上家のリーチはツモ切りだが、十分形。親の仕掛けはあまり高くないと判断したのか、ダメ押しのリーチだった。

次の問題はラス前(南3局)からです。

 

 

No.3|第7問(全8問)

2011120822gm-00a9-0000-d9e166ec&tw=0&ts=6(Q5)

鳴き判断です。南3局だが依然としてラス目。3着目も結構遠い状況…

ここで上家からタンヤオが狙える7筒が出た。打点が欲しいが、この7筒を鳴くか!?





No.3|第7問の答え

2011120822gm-00a9-0000-d9e166ec&tw=0&ts=6(A5)

天鳳位の選択 7筒ポン 打1筒
マツコの選択 同じ

・考察
ここはラス回避が最大のテーマになる。

他家との点差は
・上家 30,600点差
・対面 11,100点差
・下家 10,700点差

オーラスを3着以上で迎えるには、満ツモ、もしくは2着or3着目から6,400点以上を直撃が必要。

しかし、上家から出たこの7筒をスルーすると、アガリすら厳しそうだ。

こうなると、千点出アガリ、もしくは300・500(サボゴボ)で、オーラス満ツモまくりの条件を作る。
よって、この7筒はポン。

全ツッパの全力で1000点を取りに行く。

次がオーラス、最後の問題です。

 

No.3|第8問(全8問)

2011120822gm-00a9-0000-d9e166ec&tw=0&ts=7(Q7)

鳴き判断です。前局ラス前に二人テンパイでオーラスに突入した場面。

現在ラス目で他家との点差状況は

・上家 30,600点差
・対面 8,100点差
・下家 7,700点差

流れ1本場の状況。

上家から赤5索が切られたが、これは鳴くか?






No.3|第8問の答え

2011120822gm-00a9-0000-d9e166ec&tw=0&ts=7(A7)

天鳳位の選択 スルー
マツコの選択 赤5索チー

・考察
ラス回避の条件を満たすためには最低3900点を作って直撃、もしくはマンガンツモとなる。

天鳳位はスルーしたが、条件を満たせそうなのでコレは鳴きたい。現状イーシャンテンで鳴いてもシャンテン数は変わらずだが、面前で進めても条件が足りない可能性がある。

上家からは比較的スルーしやすく直撃条件にして、あわよくばタンヤオもつけば…といったところ。

 

まとめ

第三回目の天鳳位 牌譜検討は独歩さんの打牌をお送りしました。

天鳳位の中で最も連帯率が高い秘密が少し見えたでしょうか!?

今回のマツコは天鳳位と違う選択が割とありました…微妙な選択が多かったですが、どうだったでしょうか?

よかったらコメントして頂ければ励みになります。

次回の牌譜検討は、4代目天鳳位 すずめクレイジーさんです。  

天鳳位は何切る!?【No.4】

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。