天鳳位は何切る!?【No.2】

スポンサーリンク

天鳳位は何切る!?シリーズ 第2回は、二代目天鳳位の(≧▽≦)『マークツー』さんです。

歴代の天鳳位の中では連帯率とリーチ率が最も高い雀士です。

今回は、マークツーさんが十段(R2323)から天鳳位になった時の牌譜から、参考になりそうな局面や、私が疑問に思ったところなどを紹介しています。天鳳位とあなたの打牌を比べてみてはどうでしょうか!?

 

全7問あります。

東1局から順番に牌譜を見ていきます!

問題一覧はコチラ↓ 

天鳳位は何切る!?目次ページ

 

 No.2|第1問(全7問)

2011021821gm-00a9-0000-d100b8f1&tw=1&ts=0(Q1)

トンパツ南家の3巡目で自風牌の『南』が打たれた場面です。

2面子完成の3シャンテンの牌姿でこの『南』を鳴くでしょうか?

No.2|第1問の答え

2011021821gm-00a9-0000-d100b8f1&tw=1&ts=0(A1)

マークツーの選択 『南』ポン、打『東』

ドラもなく、鳴くとヘッドレスになる手なので、一瞬微妙だと思いましたが…

いくらでも横に伸びそうですし、鳴くと鳴かないでは

スピードが違いすぎるので鳴きますね。

『南』ポンで3面子完成、後1面子はどうにでもなりそうです。

これはチョット簡単でしたね。

 

結果的に、以下の最終形で対面から出アガリとなりました。

2011021821gm-00a9-0000-d100b8f1&tw=1&ts=0(結果1)

 

次の問題に行きます。

 

No.2|第2問(全7問)

2011021821gm-00a9-0000-d100b8f1&tw=1&ts=2(Q3)

9巡目に親リーチを受けて『東』のトイツ落とし、からの字牌連打していたところ。

絶好の赤5筒ツモですが、ここでの選択は?

No.2|第2問の答え

2011021821gm-00a9-0000-d100b8f1&tw=1&ts=2(A3)

マークツーの選択 打3筒、ダマ

現物の3筒が切って聴牌が取れる状況ですなので、モチロン聴牌にとります。

リーチ選択ですが、五萬も八萬も親リーに通っていて5枚見え、残り3枚と待ちが少ないです。

対 親リーであることからダマテン選択です。

これも場をよく見れば簡単ですね。

次の問題から南場に入ります。

No.2|第3問(全7問)

2011021821gm-00a9-0000-d100b8f1&tw=1&ts=4(Q5)

微差ながら一応トップ目。

ダブ南をポンしている状況で、遠くに567の三色、ドラが使い切れればそれなりの打点になります。

ここで567の三色が消える方の八萬が出ました。両面ターツが少なく、鳴くと愚形だらけになりそうですが…

ここでの鳴き判断は?

No.2|第3問の答え

2011021821gm-00a9-0000-d100b8f1&tw=1&ts=4(A5)

マークツーの選択 八萬チー、打『白』

二副露でリャンシャンテンと、ちょっと苦しい気もしますが、ここはチーしていました。

これは鉄チーですか???

ドラが重なれば満貫クラスになる可能性もありますが…マンズの両面はスルーしちゃいそうです。

この後の展開で…

2011021821gm-00a9-0000-d100b8f1&tw=1&ts=4(A6)

ドラの2索、もしくは3索引きで、打点アップが見れるところですが…打2索

親の現物、三萬を残しています。これくらいの点差でもカタい打ち方ですね。フリー雀士でこれ(三萬)打つ人はほとんどいないんじゃないでしょうか??

そして…対面のラス目からリーチが入ります。

2011021821gm-00a9-0000-d100b8f1&tw=1&ts=4(結果6)

ラス目のリーチに対して、ダブ南のみの2000点で押し切りました。

8索、5筒辺りはちょっと嫌な感じですが、手牌も短く、両面聴牌なので最後まで行きます。

結果、海底でリーチ者がつかみ 3900点+リー棒の収入。勝負強い!

 

次の局面に行きます。

No.2|第4問(全7問)

2011021821gm-00a9-0000-d100b8f1&tw=1&ts=5(Q7)

役牌が2種類と、下の三色123がチラッと見える牌姿です。

赤5索が重なり、どこも外しずらい感じですが…どれを選択しますか?

No.2|第4問の答え

2011021821gm-00a9-0000-d100b8f1&tw=1&ts=5(A7)

マークツーの選択 打1筒

パッと見で一枚切れの『東』を打ってしまいそうですが…

この手を123の三色にするには愚形3つを処理しなければならず、かと言って鳴いて行くと手詰まりになる可能性が高そうです。そうであれば、123は見ずに『東』の重なりを見る&安牌候補といった感じでしょうか。

んー、やはり『東』打っちゃいそうですw

次の問題に行きます。

No.2|第5問(全7問)

2011021821gm-00a9-0000-d100b8f1&tw=1&ts=5(Q8)

この問題は、さきほどの問題4の続きです。2巡目に切った1筒が戻ってきました。

状況の変化としては、上家の2筒が1枚見えたくらいで『東』、『中』の枚数に変化ありません。

1筒ツモ切り?…ここでの選択はどうでしょう?

No.2|第5問の答え

2011021821gm-00a9-0000-d100b8f1&tw=1&ts=5(A8)

マークツーの選択 打『中』

1筒のツモ切りでもなく、一枚切れの『東』でもなく、生牌の『中』でした。

TOP目で迎えた親番。ここは下位が競っていることから、『中』を鳴かせて場を回そうという思惑が感じられます。

これに下家がポン。下家は親番が残っている2着目で、ドラの枚数も見えないことからチョット不気味ではあります。

 

この局の続きも問題です。

No.2|第6問(全7問)

 2011021821gm-00a9-0000-d100b8f1&tw=1&ts=5(Q9)

7筒を切ればカン八萬で聴牌ですが、ダマだと役無しです。

ここでの選択は??

No.2|第6問の答え

2011021821gm-00a9-0000-d100b8f1&tw=1&ts=5(A9)

マークツーの選択 打九萬

ここは打九萬として聴牌トラズです。

下家は2枚切れの『白』を手出ししていて、聴牌気配ムンムンです。

へたに下家に打つと苦しくなるので、聴牌を外して回ったようです。

次がオーラス、最後の問題です。

No.2|第7問(全7問)

2011021821gm-00a9-0000-d100b8f1&tw=1&ts=7(Q13)

四萬ツモでマンズが両面になりました。

アガリトップなので打点は要りません。七対子、一盃口、タンヤオ、役牌などなど…色々な可能性が考えられますが、ここでの選択は?

 

No.2|第7問の答え

2011021821gm-00a9-0000-d100b8f1&tw=1&ts=7(A13)

マークツーの選択 打6索

打6索は和了の可能性がかなり狭められます。七対子、一盃口、タンヤオがほぼなくなるからです。

ここで他家の点棒状況をよく見ると

  • 上家(南家) → 満ツモで2着
  • 下家(北家)→ 1翻ツモアガリ、もしくは1600点以上の出アガリで2着
  • 対面(東家)→ 2600オールツモ、もしくは9600点以上の出アガリでトップ

そして、自身は4800点以上を放銃すると西入します。

親以外ならツモられてもOKなことから、下家へのアシスト&安牌確保の6索切りと思われます。

チョットこの視点は欠けていました…これくらいの手だったら『北』のトイツもあるし、真っ直ぐ行って大丈夫かなぁとw

マークツーさんはこの局で

天鳳位になるかもしれない

って思ってたんでしょうかねぇ…

この後の展開は

2011021821gm-00a9-0000-d100b8f1&tw=1&ts=7(結果13)

4巡目の打6索でもうオリに回っているみたいです。

結局、上家からリーチが入るも終始安牌を切り続けて流局してトップ終了。

マークツーさんは、みごと2代目の天鳳位になられたのでした。

まとめ

今回は少し簡単な局面が多かったでしょうか?

全部で7問のうち、同じ選択はありましたでしょうか?

 

序盤のスピード重視の展開や、オーラス付近のゲーム回しは参考になったように思います。

次回の牌譜検討は、3代目天鳳位  独歩さんです。  

天鳳位は何切る!?【No.3】

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。