【天鳳】ラスった半チャンを振り返って反省…

スポンサーリンク

自分がトビラスした半チャンから。

12代目天鳳位のおかもとさん、 miririさん、ブルーカミカゼさんというキツイ面子…。

とっても恥ずかしい選択が多かったので、晒します…

・1つめ

ダブリーを受けてオリているところで、安パイがなくなる。

ここから9索を打って、シャボに放銃…。

打牌候補は

  • 3枚壁の二萬(壁に気づかなかった…)
  • 2枚壁の1筒
  • 2枚壁の9索

とりあえず二萬がよさそう?

あと同じ二枚壁なら三枚持ちの1筒の方がシャボに当たらず、三巡凌げるので良かった。

 

 

2つめ

残り6100点。親リーを受けて三色ドラドラの2シャンテン。

4索をポンして五萬を切った場面。筋の八萬を期待して…

これは点数がないとはいえ愚形残りでキツい仕掛けだった。

 

・3つめ

2つ目のつづきから。

「もう形式聴牌でもいいや…端っこ!」と言って、9筒を打った場面。

危険度的に6筒も9筒もほとんど変わらないので役ありになる可能性のある6筒切りの方がまだマシ。

そもそもこの手で押すのか…

スジ10本通ってるので、放銃率12.5%でイーシャンテン…さらにもう1つ無スジが残っている。

これはさすがにアカン…?

 

4つめ

残り300点。

6巡目で片アガリのタンヤオ聴牌取り。

リーチかけれないので速度最優先で…

そもそもドラの4筒切り早すぎでは?

 

はい。次の半チャン行きます…

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。